There Is Compelling Evidence The “Devil’s Tree” In New Jersey Is Actually Cursed and Very Dangerous

ニュージャージー州で最も幽霊が多い場所の1つが、ニュージャージー州サマセット郡の公園内にある。 そこには、地元では「悪魔の木」と呼ばれているオークの木があり、一部の人々は、この木を地獄から来た木だと断言します。 悪魔の木」の呪いは、ニュージャージーのクー・クラックス・クランがこの近くに本部を置いていたという地元の伝説に由来すると言われています。 この木が郡内の人里離れた場所にあったため、Klanは恐怖の支配を広めるためにそこで黒人をリンチしたのだそうです。

さらに、別の説によると、この木が呪われているのは、1900年頃、鬱病にかかった農夫が、家族を連れてこの木の下にピクニックに出かけたからだという。 しかし、彼は午後の楽しいランチ以上のことを考え、自分だけでなく、家族全員を殺してしまったのです。 この木が悪魔のような性質を持っている証拠として、人々はこの木に触れると暖かく感じ、近くに降った雪が溶けて、他の部分が雪に覆われているときにこの木の周りに輪が残ると言います。 最後に、あなたは「悪魔の木」に近づく勇気がありますか?