Low Frequency Range Test (10-200 Hz)

Background

人間は20Hzから20000Hzまでの周波数を聞き分けています。 最低限度の20Hzは波長が20m近くあり、実際に聞こえるというより、感じる周波数です。 このテストは、オーディオ システムの周波数拡張の下限をベンチマークするのに役立ちます。

波長が長いため (20 Hz で約 20 m)、低周波で高い出力を得るには通常、大型のドライバー (サブウーファー) が必要です。 ヘッドフォンやイヤフォンは、外耳道を密閉することで、圧力室として機能する容積を作り出し、小型でありながら低周波の再生にそれほど苦労していません。 この現象は、屋外で再生されるスピーカーとは全く異なるものです。

密閉された空間、つまり圧力室は、密閉された容積の寸法に関係する周波数より12 dB/オクターブ低く低周波を持ち上げます。 長さ約2cmの外耳道では、この魔法のような周波数は約5kHzに位置します。 この周波数から低音域を5オクターブ以上離すと、低音のブーストが想像できますね!