Lorazepam use while Breastfeeding

Drug Levels

Maternal Levels. 4人の女性に帝王切開を受ける2時間前にロラゼパム3.5mgを経口投与した。 4709>

産後5日間、ロラゼパム2.5mgを1日2回経口投与した別の女性では、5日目の特定できない時間帯に、遊離および抱合ロラゼパムのミルクレベルがそれぞれ12および35 mcg/Lであった。 乳児はグルクロニドを脱共役化し吸収することができるため、遊離薬物のみよりも総薬物量の方が重要であると思われる。 排泄される総量を用いると、排他的母乳育児の乳児は、この母体投与量で1日約7mcg/kg、母体体重調整量の約8.5%を受けることになる。

産後4週間の女性がロラゼパム2.5mgを1日から3回、ロラメタゼパムに部分代謝される2mgを1日1回服用していた。 治療開始5日目、8時間前にロラゼパムを2回服用した後のロラゼパムミルク濃度は123mcg/Lであった。 6日目、24時間以内に3回服用後、乳汁中のロラゼパム濃度は89mcg/Lであった。 4709>

ロラゼパム0.5mgを毎日経口投与していた女性3名が、産後3日から6日の間に、推定ピーク血清濃度の投与2時間後と投与直前に牛乳を提供した。 1日1mgを服用していた女性1名の2時間後の乳汁濃度は1.64mcg/L、トラフ乳汁濃度は0.826mcg/Lであった。 他の2人の女性の2時間乳量は1.72と1.98 mcg/Lであった。 いずれもトラフミルク値は定量下限値0.5mcg/L未満でした。

乳児のレベル。 改訂日時点で関連する公表情報は見つかりませんでした。