Jane Cooke Wright, MD

Jane Cooke Wright, MDは、臨床がん化学療法のパイオニアで59年間AACR会員を務め、2013年2月19日に93歳で逝去されました。 AACR Minorities in Cancer Research Jane Cooke Wright Lectureshipは、2006年に彼女の名誉のために設立され、がん研究分野への功績があり、リーダーシップや模範によって、がん研究における少数研究者の発展を促進させた優れた科学者を称えるために設けられたものです。 ライトは1967年、全米で知られる医療機関で黒人女性として最高位の地位に就いた。

Jane Cooke Wright lectureshipは毎年AACR年次総会で発表され、ライトは彼女の名誉のために設立されてから毎年総会に出席し、開会挨拶とその年の講演者を紹介しています。 ハーバード大学医学部を最初に卒業した黒人の一人である父Louis Wrightは、ハーレム病院に癌研究センターを設立した。 ライトは、このセンターで最も重要な研究を行うことになる。 その後、マサチューセッツ州ノーサンプトンのスミス大学で美術を学び、医学部進学を目指す。 ニューヨーク医科大学から奨学金を受け、数少ない黒人学生の一人となった。 1945年、優秀な成績で卒業。

やがてライトは、ハーレム病院のがん研究財団で父親と一緒になり、化学薬品を使ってマウスの白血病の実験を始める。 やがて、抗がん剤による治療を開始し、患者が何らかの形で寛解するのを目の当たりにした。 ライトは、患者と組織培養の反応の関係を探り、化学療法投与の新しい技術を開発するなど、キャリアを通じて抗癌剤の研究を続けた

1952年に父が亡くなった後、ライトは癌研究センターの所長になった。 1955年には、ニューヨーク大学医療センターの外科研究の助教授となり、1964年には、リンドン・B・ジョンソン大統領によって、心臓病、癌および脳卒中に関する大統領委員会のメンバーに任命された。 この委員会の報告書により、3つの疾患の治療センターの全国ネットワークが設立された。 1967年、ニューヨーク医科大学の外科教授、がん化学療法部長、副学部長に就任し、アメリカの医療機関において黒人女性として最高位となった。

米国臨床腫瘍学会の創立メンバーであるライトは、ニューヨークの米国癌学会の理事を務めた。 彼女はキャリアを通じて100以上の論文を発表し、アフリカ、アジア、東欧へのがん研究者の代表団を率いていました。 ライトは、夫であるデビッド・ダラス・ジョーンズJr.に先立たれた。 また、娘のアリソン・ジョーンズ(PhD)とジェーン・ジョーンズ(MD)、妹のバーバラ・ライト・ピアース(Barbara Wright Pierce)が存命である。

Career Highlights

1981 Otelia Cromwell Award, Smith College
1975 AACR Award
1971 New York Cancer Society会長に就任
1970-1980 Board of Trustees, Smith College
1968 Smith Medal.を受賞。 スミスカレッジ
1967-75 ニューヨーク医科大学副学部長
1967 ハダサ・マートル・リース賞
1966-1970 国立癌諮問委員会
1965 Spirit of Achievement Award, アルバート・アインシュタイン医科大学
1964-1967 ASCO書記/会計
1964-1965 心臓病、癌、脳卒中に関する大統領委員会メンバー
1953 デーモン・ラニヨン賞
1952-1955 ハーレム病院癌研究財団ディレクター
1952 マドモアゼル誌メリット賞
1945 ニューヨーク医科大学医学博士