InBodyによる体組成検査

InBody570と体組成分析について、多くの質問を受けます:InBody570とは何か、その仕組み、なぜ他の検査より優れているか、誰が検査を受けると有益か、正確か、どのくらいの頻度で測定すべきか、測定するために何が必要なのか、です。 以下、このトピックに取り組みます。 読後に何か質問があれば、電話でお尋ねください!

身体組成検査とは何ですか?

身体組成検査のほとんどの形態は、通常、人の脂肪組織を測定することを目的としています。 これは、脂肪減少戦略を導く上で非常に有用なツールになり得ます。 また、体組成検査のいくつかのタイプは、筋肉量を評価します。

体組成はどのように測定されますか?

これは測定することができますいくつかの方法があります。 手持ちの機器や浴室の体重計のように、正確さは劣るがかなり安価なものもある。 不快な皮膚ノギス検査は、体脂肪が多い人には当てになりませんし、多くの経験を積んだ人が実施しない限り、一般的に信頼できない可能性があります。 超音波検査も使用されますが、外側の脂肪しか測定できず、内側の脂肪は測定できないため、正確さには限界があります。 DEXAスキャン(X線の一種)、空気または水置換法など、非常に正確で再現性が高いが非常に高価な方法もあります。 いずれも病院や研究機関でしか利用できないのが一般的です。 ノースウエスト・メタボリック・メディスンでは、InBody 570を使用しています。 これは、8つの接触点の間に3つの周波数の電流を体に流すことで、体水分、筋肉量、体脂肪を測定するものです。 これは、DEXAスキャンに匹敵する体脂肪の極めて正確な測定を、わずかな費用と時間で行うことができます。 5回連続でテストを受け、5つの異なる結果を得る)、(DEXAスキャンと比較して)正確さに欠ける、または完全性に欠ける(体の一部の脂肪や筋肉の推定値しか得られない)。 これは、特定の状況で使用するための悪いツールであると言うことではありません(多くの場合、トレーナーとの共同作業などでは褒められますので)。 ただ、得られる情報にどれだけ依存する必要があるか、そして正確な結果が重要かどうかによります。 私たちの多くは、特に女性は、日によって2〜3ポンドの体重の変動を経験します。 そのため、脂肪、筋肉、水分の区別がつかない方法に頼ることは非常に困難です。 InBody 570は、細胞内(筋肉内)と細胞外(体液貯留)の水分を区別できるため、私が購入したのはまさにこの理由によるものです。 より良い情報により、特定の目標を達成するために現在何をしているか、より良い判断を下すことができます。

検査を受けるべきですか?

まず、検査を受けるべきでない人についてお話しましょう。 電源を切ることができない埋め込み型の電子機器を持っている人は、InBody(または生体インピーダンスを使用する他の機器)を使用するべきではありません。 また、妊娠中の方は、測定されることをお勧めしません。 検査が発育中の赤ちゃんに有害であることを示す研究は見たことがありませんが、それでも良いアイデアとは思えません。 それに、InBody 570は、あなたの筋肉と赤ちゃんの筋肉の違いを見分けることはできないので、検査は非常に不正確になるでしょう。 脂肪の損失戦略がどのように機能しているかを正確に監視することに興味がある人は、InBody 570が非常に有用であることが分かるでしょう。 また、体脂肪の推移を時系列で表示するグラフ機能も備えています。 また、ウェイトウォッチャーやアイディールプロテインプログラム(または体脂肪分析ができない他の減量プログラム)に参加されている方にとっても、定期的な測定は非常に有効です。 ウェイト/フィットネストレーニングプログラムを始めている方、または参加している方にとって、InBody 570は貴重な補完機器となります。 各脚、腕、体幹(腹筋、胸筋、背筋)の筋肉量を個別に測定することで、進捗状況を正確に把握することができます。 パーソナルトレーナーを雇う場合、これは有用な情報です。 最後に、体組成のデータは、十分なタンパク質を摂取しているかどうかを確認するのにも役に立ちます。

How accurate is it?

InBodyはDEXAスキャンと98%の相関があり、優れた再現性があると報告しています。 私はもともと懐疑的なので、機械が届いたとき、すべての変数を一定に保つように(つまり、前月と比較して食事や運動を一定にする、同じ時間帯に測定するなど)30日間連続で測定してみました。 体重は1.8ポンド、筋肉量は0.9ポンド、体脂肪率は1.7%変わりました。 私の意見では、これは特に1ヶ月全体では非常に一貫しています。

検査はどのくらいの頻度で行うべきでしょうか? そのくらいの頻度でないと、大きな変化を実感することができないからです。

患者として私と一緒に働くことを予定している場合、InBody評価は自動的に予約の一部となります。 しかし、フォローアップのための来院回数が少なく、もっと定期的に測定したい場合は、電話で「セルフサービス」のInBodyをお申し付けください。 このサービスは非常にリーズナブルで、患者でなくとも、上記のような理由で検査に興味がある方にもご利用いただけます。
・検査の2時間前には運動や食事はしないでください。
・検査の直前に膀胱を空にします。
・生理中でないときに測定するのが最適です。

初回にお会いして、機器の使用方法を説明し、最初のInBody結果を解釈して、お持ち帰りいただくための詳細なプリントアウトをお渡しします。 その後、何度でも自分で測定するための予約を取ることができます。

体組成計に関するさらに詳しい情報については、InBody USAにかなり良い記事があり、以下のリンクから入手可能です。 体組成計101