HMS Challenger

The Voyage of HMS Challenger

海洋探査のためにケーブル観測所が作られるずっと前に、HMS Challengerは世界初の世界海洋学探査に乗り出しました。 ロンドン王立協会が主催し、エジンバラ大学と共同で行ったこの探検の明確な目的は、海洋とそれが支える生物についての理解を深めることであった。 また、大陸間を結ぶケーブル敷設への関心が高まり、海底をより深く理解することが求められるようになったことも動機の一つであった。 (チャレンジャー号はもともとイギリス海軍の船で、海洋探査のための特別な装備をしていた。 19世紀、イギリス海軍が帆船から蒸気船への改造を進めていたことが、蒸気煙突とマストの存在によって視覚的に証明されています。 チャレンジャー号は、もともと軍艦として設計された「蒸気アシスト」コルベットであった。 しかし、遠征のためにチャレンジャー号は大砲2門を除くすべてを撤去し、住居やいくつかの実験室、船内の博物学者が収集した資料の保管庫などを建設するなどの大改修が行われたのである。 (2)

チャレンジャー号は1872年12月21日にイギリスのポーツマスから243名の士官、科学者、乗組員を乗せて出航しました。 航海は4年に及び、地球を一周し、362の異なる場所でデータを収集することになる。 ルートはイギリスから南下し、喜望峰を回り、インド洋を通り、オーストラリアを過ぎて太平洋に入り、ホーン岬を回ってイギリスへ戻るというものだった。 (1)

この航海は間違いなく過酷なものだったが、集められたデータは非常に貴重で、完全にまとめるのに23年かかった29,500ページの報告書を埋め尽くしている。 データの多くは、航海中に遭遇した動物の記述であり、それをヨーロッパに戻った科学者が解釈しなければならなかった。 (チャレンジャー号の発見は、海洋の理解に貢献しただけでなく、ダーウィンの進化論を検証し、海洋生物に対する人々の関心を喚起することにもなった。 チャレンジャーの遺産は、海洋調査船のプラットフォームや、海洋の探査を続けるインフラストラクチャーという形で、今日も生き続けているのだ。

(1) Delaney, John. “Lecture 1: The Global Ocean & Human Culture: (2) The Voyage of H.M.S. Challenger 1873-1876. Narrative Vol.1 First Part. 第1章. http://archimer.ifremer.fr/doc/1885/publication-4749.pdf
(3)「今と昔。 HMSチャレンジャー号探検隊と「海の山」探検隊”. http://oceanexplorer.noaa.gov/explorations/03mountains/background/challenger/challenger.html