El Universal

在メキシコ米国大使のクリストファー・ランドー氏は自身のツイッターを通じて、このCovid-19有事期間中にビザを更新できる人が増えることを発表しました。 2020年の残りの期間中、以前の書類が過去2年以内に失効した場合、更新することができます。

3月に停止した大使館での処理を8月に一部再開したことを思い出してください。 以前の書類がまだ有効であるか、過去12カ月以内に期限が切れていれば、米国ビザを更新することが可能だったのだ。 現在は、その期間が24カ月に延長されています。

理由は何ですか? これらの条件のいずれかに該当する人は、面接免除の対象となります。 つまり、メキシコのアメリカ大使館に出向いて領事と話をする必要はないのです。 CAS(Centro de Atención a Solicitantes)で書類を提出し、生体情報を取得します。前回米国ビザを申請された方は覚えているかもしれませんが、このプロセスは面接に行くより早く、長時間並ぶこともありません。

ビザの有効期限が24ヶ月以上前の方は、面接を受ける必要があります。 まだ、このような加工は再開していないそうです。

他にビザを更新できる人は?

手続き再開時にお知らせしましたが、上記の条件に加え、ビザを更新する6歳未満の子供と80歳以上の人は、面接免除の対象となります。 ここでは、条件や手続きについて相談することができます。

続きを読む: 米国大使館、面接なしでビザ更新再開

続きを読む: 米国ビザ、2020年に取得するための費用と条件

続きを読む: 米国ビザ、2020年に取得するための費用と条件

続きを読む: 米国大使館、面接なしでビザ更新再開

続きを読む.