5 Grisly Facts About The Battle Of Waterloo

英国側の騎兵司令官の一人に、大砲の矢面に立たされながらも、明らかに周囲の惨状に動じないウクスブリッジ卿がいます。 大砲の射線に巻き込まれた時もそうだった。重傷を負ったことに気づいた時、彼はウェリントン公爵の方を向いて、「神様、私は足を失いました!」と言ったと伝えられている。 それに対してウェリントンは「神に誓って、閣下、そうです!」と答えたという。

ユクスブリッジの足は麻酔なしで切断された。 痛みに発狂するどころか、「ナイフがやや鈍いようだ」と感想を述べた。 切断後、不必要に脚を失ったことを心配したユクスブリッジは、友人に状態を確認しに行くよう頼みました。 その友人は、粉々になった手足を確認し、「あるよりはましだ」と安心させた。

WATERLOO TEETH

ウォータローの戦いは死体の海を残すことになりました。 そして、賢いビジネスマンにとって、死体は歯の大当たりを意味しました。 19世紀には歯科医療が盛んで、貧乏人が自分の歯を売って金持ちの入れ歯にしたりもした。 だから、ワーテルローの殺戮の場から簡単に金儲けができることを知った地元の廃品業者たちが、イギリス、フランス、プロイセンの兵士たちの死体からペンチを使って何千本もの歯を引き抜いたのは驚くにはあたらない。 そして、それを形や大きさによって注意深く分類し、フルセットの歯を作り出したのである。 その結果、大量の入れ歯が生まれ、「ワーテルローの歯」として知られるようになった。

LURID LOOTING

ワーテルローで奪われたのは歯だけではありません。 略奪は広範囲に、そして即座に行われました。 実際の戦闘のさなか、大砲の銃声が周囲に響く中、兵士たちは瀕死の兵士から奪えるものは何でも奪おうと躍起になりました。 例えば、イギリス軍のピクトン将軍(ウェリントンに「口の悪い悪魔」と言われた)が馬上から撃たれたとき、自分の歩兵師団の一人が彼の死体から財布と眼鏡を奪っていったという。

フランス、アジャクシオにあるナポレオン・ボナパルトの像。

BURNING THE BODIES

何千もの死体の処理には、生き残った兵士や地元の農民がゆっくりと、血生臭い作業を行い、死体を引きずって巨大な穴に捨てました。 死んだ馬は再販のために金属製の靴をはぎ取られた後、広大な薪炭に並べられて火を放たれました。 その後、何日もの間、埋葬されないままの人間の死体が積み上げられ、6月の太陽の灼熱で文字通り真っ黒になり、その光景はさらに地獄絵図と化した。 ある資料によれば、「彼らは1000体以上の死体を燃やすことを余儀なくされ、戦争悪魔へのひどい大虐殺となった」

とあるように、馬と同じように人間も燃やすしかなかった。