1

無作為化比較摂食試験において、参加者が脂肪と炭水化物の多い食事に6グラムのブレンドスパイスを加えて食べた場合、少ないスパイスまたは全くない食事を食べたときと比較して炎症マーカーが低くなったことが明らかになりました。

「スパイスが口に合うなら、高脂肪や高炭水化物の食事をより健康的にする方法かもしれません」と、栄養科学の准教授であるコニー・ロジャーズ氏は述べています。 “我々は、それが特定の1つのスパイスであったかどうかをこの研究から言うことはできませんが、この特定のブレンドは有益であったようです。”

研究者は、最近栄養ジャーナルに掲載された研究のためにバジル、ローリエ、黒コショウ、シナモン、コリアンダー、クミン、ジンジャー、オレガノ、パセリ、レッドペッパー、ローズマリー、タイムとターメリックをブレンド使用しました。

ロジャーズ氏によると、これまでの研究では、ショウガやツメリックなど、さまざまな異なるスパイスが抗炎症作用と関連づけられてきました。 さらに、慢性炎症は、以前は、がん、心血管疾患、および米国人口の約72パーセントがかかっている過体重や肥満などの健康状態の悪化と関連していました。

より近年、研究者は、人が脂肪や砂糖を多く含む食事をした後に炎症が急増することを発見しました。 急性炎症と呼ばれるこれらの短いバーストは、慢性炎症を引き起こすことができるかどうかは明らかではないが、ロジャースは、それが特に太り過ぎや肥満の人々の要因を果たしている疑いがあると述べた。 「そこで暫定的に、人々がすでに慣れ親しんでいて、1回の食事に合うようなスパイスの組み合わせが、プラスの効果をもたらすかどうかを調べたいと考えました」

研究では、40歳から65歳で、過体重または肥満、および心血管疾患の危険因子を少なくとも1つ持つ男性12人が採用されました。 ロジャーズ氏は、これらの層の人々は、より悪い健康アウトカムを発症するリスクが高い傾向があるため、サンプルが選ばれたと述べています。

無作為の順序で、各参加者は3日に分けて、飽和脂肪と炭水化物の多い食事の3バージョンを食べました:スパイスなしのもの、2グラムのスパイスブレンドのもの、6グラムのスパイスブレンドのもの、です。 研究者たちは、食前と食後の4時間ごとに血液を採取し、炎症マーカーを測定しました。

「さらに、白血球を培養して、体が感染症と戦っているときに起こるのと同様に、炎症刺激に反応するように細胞を刺激しました」とロジャーズは語りました。 「これは、体内で起こるであろうことを代表するものであり、重要だと考えています。 細胞は病原体に遭遇し、炎症性サイトカインを産生するのです」

データを分析した結果、研究者は、2グラムのスパイスを含む食事やスパイスなしの食事と比較して、6グラムのスパイスを含む食事後に炎症性サイトカインが減少していることを発見しました。 ロジャーズ氏によると、6グラムは、スパイスの脱水方法にもよりますが、おおよそティースプーン1杯から大さじ1杯に相当します。

研究者は、どのスパイスやスパイスがこの効果に寄与しているか、あるいはこの効果が生まれる正確なメカニズムはわかりませんが、この結果は、スパイスが抗炎症作用を持ち、高炭水化物と高脂肪食による炎症を相殺できることを示していると語りました。

さらに、ペンシルベニア州立大学の研究者ペニー・クリス・エサートン氏とクリスティーナ・ピーターセン氏が行った、同じ被験者を使った2番目の研究では、6グラムのスパイスが、食後の血管の「流動媒介拡張」–血管の柔軟性と血管の健康の目印–の低下を小さくすることがわかったと、ロジャーズ氏は述べています。

今後、ロジャース、クリス-エサートン、ピーターセンは、より長い期間にわたって、より多様な集団における食事中のスパイスの影響を明らかにするために、さらなる研究に取り組むと述べています。