足病医が手術をすることはできますか?

Can A Podiatrist Treat A Broken Foot?

すべての足病医が手術を行うわけではありませんが、ここメリーランド州ボルチモアのPodiatry Associatesでは、骨折、足の骨折、足指や足首の骨折など、足と足首に関する幅広い手術を行っています。

私たちの足病学者は、足の指の骨折、足の指の骨折、足や足首の関節炎の治療などの外傷性手術を含む高度な外科技術を実行するように訓練されています。

Does A Podiatrist Perform Ankle Surgery? 例えば、患者が慢性的な足首の不安定性を持っている場合、外側足首靭帯修復または再建が必要になることがあります。

患者が足首に突然の激しい痛み、あざ、腫れを経験したら、足首の骨折または損傷がある場合に備えて足病医にチェックしてもらう必要があります。 足病医が足首のレントゲン撮影を行い、どのような怪我が考えられるかを確認します。 骨折の場合、足首の装具や足首の手術が必要な場合もあります。

アキレス腱の手術も足病医が行う足首の手術の一例ですが、これについては後で詳しく説明します。

足病医は巻き爪を除去できますか

はい、できます!足病医は巻き爪の除去を行います。 私たち足病学者は、メスの刃の技術や局所麻酔の投与などの訓練を受けているので、巻き爪の治療など、爪の手術を行うことが可能です。 巻き爪は、足の爪が横の肉に食い込むように伸びてしまうことで、非常に不快な状態になります。 それはあなたのつま先の自然な湾曲、きつすぎるためつま先を押す靴、つま先や足の爪の怪我、または足の爪の不適切なカットが原因で発生することができます。

巻き爪は非常に一般的で、それらが自然に治癒しない場合は、あなたの巻き爪の治療を受けるために足病医のところへ行く。 私たち足病学者は、状況に応じて足の爪の一部または全体を除去する簡単な巻き爪の手術を行うことで状況を改善する手助けをします。

中足骨の足の手術とは?

各足には、各足の指の後ろに位置する5つの中足骨があります。 母趾の後ろにあるのが第1中足骨で、小趾の後ろにあるのが第5中足骨です。 最も一般的な中足骨の足の手術は、足の関節炎や外反母趾のために第1中足骨と母趾の間の関節に行われます。 関節炎を持つ人々のために、中足趾節関節は、関節の裏地の腫れや炎症を引き起こし、不快感や痛みを引き起こす関節炎になる可能性があります。 ボルチモア、メリーランド州の私たちの足病学者は、中足趾節関節の頭を削除することによって、重度の関節炎の足の痛みを治療するために中足趾節足の手術を行うことができ、この条件にしばしば関連付けられた歩行による痛みを軽減するのに役立つでしょう。 中足骨足部手術は通常、外来手術センターまたは病院で足病医によって行われ、全身麻酔または静脈内鎮静法が適用されます。

アキレス腱手術とは?

アキレス腱は人体で最も大きな腱です。 脚のふくらはぎの筋肉とかかとをつなぐ主な腱です。 アキレス腱は、丈夫で繊維状の紐のようなもので、歩く、跳ぶ、登る、走るなど、人間の足の運動機能を助けている。 この腱は、激しい運動中に断裂したり、損傷したりすることがあります。 アスリートはアキレス腱の損傷を受けやすいです。

私たちの足病学者は、大小の破裂や裂傷を修復するためにアキレス腱の手術を行うことができます。 アキレス腱の手術は、アキレス腱の損傷を治すための最初の選択肢とは限りません(損傷の強さによる)。 このような場合、アキレス腱を修復するために、安静、薬、理学療法、装具で十分です。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 このような場合、”li “は “li “であることを意味します。 適切なサイズの靴を履くことに加えて、厳しい強化運動を行うことで、ハンマートゥの手術を回避できる場合もあります。 ハンマートーの初期症状には、足の痛み、刺激、赤み、灼熱感、炎症、または足の角質、タコなどが含まれます。

外反母趾の手術と角質の除去は?

私たちの足病学者は、外反母趾の手術と角質の除去も行っています。 外反母趾とは、母趾の付け根にできたこぶに悩まされる病状です。 一方、角質は足の一部が硬くなったり、皮が厚くなったりする症状です。 外反母趾の患者さんは、角質をもっている可能性が高いです。 これらの症状は痛みを伴い、適切なバニオンケアで間に合わせなければ、手術が必要になることもあります。

足の関節炎に足病医ができること

関節炎は、痛みやこわばりを引き起こす、1つ以上の関節の炎症である。 足病学者は、衝撃的なスポーツのような足関節炎を悪化させる活動を避けるか制限するなどの非外科的治療を通じて、足関節炎に関連する不快感や痛みを和らげることができます。 (例えば、ランニングやテニスを、関節にずっとやさしい水泳に置き換えるなど)体重を減らすことや理学療法は、他の一般的な選択肢の一部です。 非外科的治療がどれも役に立たない場合、足関節炎の手術が選択肢となります。 私たちの足病医が、適切かつタイムリーなケアを通じて、足関節炎による不快感や痛みを最小限に抑え、さらなる再生を防ぐお手伝いをします。

足の痛みを感じていたり、上記のような問題がある場合は、当社の所在地をチェックして、近くの足病医を探してみてください。 スケジューリングオフィスにお気軽にお電話ください。 (833) 500-feet.