質問12082に対する回答 「専門家に聞く」に投稿されました

簡単に言うと、ある種の紫外線は窓ガラスを透過します。

紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cという三つの分類に分けられます。 この3つの分類のうち、UV-AとUV-Bは日焼けや日焼けに関係し、UV-Aは免疫系を抑制すると考えられています。 (UV-AとUV-Bは日焼けマシーンにも含まれ、使いすぎによる危険性が指摘されています。 UV-Cは特殊なライトと太陽でのみ生成されます。

国際紫外線協会によると、標準的な窓ガラスはUV-Aを通しますが、UV-BとUV-Cはほぼ100%遮断されます。 そのため、一部の紫外線は家の中に入り込み、肌に影響を与える可能性があります。 このような影響には、そばかすの増加や、日光に対する感受性の高まりが含まれ、光皮膚炎などの発疹を引き起こす可能性があります。

現在では、UV-Aがガラスを透過するのを抑える方法が存在します。 そのひとつが、窓の内側にソーラーウィンドウフィルムを貼る方法です。 このフィルムはUV-Aをブロックし、また熱を反射するため、家を涼しく保つことができます。 実際、私も自宅の窓ガラスにソーラーフィルムを貼っています。 これらのフィルムは、水と食器洗い洗剤をスプレーボトルに数滴入れるだけで、家庭でも簡単に取り付けることができます。

自動車のガラスについて特に質問されていませんが、これもUV-Aへの暴露の問題です。 皮膚がん財団によると、フロントガラスはUV-Aを除去するために特別な処理がされていますが、サイドウィンドウやリアウィンドウはUV-Aが室内に侵入することになります。 したがって、車内でも注意が必要です。

まとめると、家庭にあるような一般的な窓ガラスは、UV-Aを除くほとんどの紫外線を遮断することができます。 UV-A光に長時間さらされると、肌に影響を与える可能性があります。 窓の内側にソーラーウィンドウフィルムを貼ることで、UV-Aが家に入るのをすべてとは言わないまでも、ほとんど抑えることができます。