著作者人格権

1968年著作権法(Cth)は、著作物を

  • 「作品」(例…

オーストラリアの著作権法では、著作者人格権は、「著作物」や「映画」の「著作者」に関連する個人的な権利です。 著作者人格権には、生演奏や録音された演奏の実演家の個人的権利も含まれます。 これらは他の個人または組織に譲渡することはできません。 著作者人格権は、著作権で保護された作品(文学、演劇、音楽、芸術作品)および作品以外の題材(映画を含む)に自動的に発生しますが、著作権とは別に存在します。 実演家の著作者人格権については、ここでは扱いません。

著作権法は、著作者人格権について規定しています。

  • 著作物や映画の著作者である個人の個人的権利です(映画の著作者は、主たる製作者です。 293>
  • 著作権で保護された作品や映画に自動的に発生するもので、著作権の権利とは異なり、「経済的」な権利ではない。

「著作物」を創作した者、または映画の主要なプロデューサー、監督、脚本家が「著作者」です。 複数の人が共同で創作した場合は著作者になることができるが、単に著作物を編集したり、著作物や映画の開発に何らかのアイデアをインプットしただけでは、著作者や映画の著作者とみなされるには十分ではない。

オーストラリアの著作権法では、著作者には3つの著作者人格権があります。

  • 著作者の帰属に関する権利
  • 著作者の誤った帰属を防止する権利
  • 著作者の完全性に関する権利です。

著作者人格権はいつから適用されますか?

オーストラリアの著作権法では、著作者人格権は「作品」と「映画」に適用されますが、録音物やテレビ・音声放送には適用されません。

著作者人格権の存続期間は?

著作者人格権は通常、著作権の保護期間と同じ期間存続します。

誰が著作者人格権を有するのですか。

個人の著作者や、作品や映画を共同で制作した著作者は、著作者人格権を有します。

  • トレーニング教材、雑誌記事、小説などの著者
  • コンピュータプログラムのソースコードの著者またはユーザーインターフェイスのデザイナー
  • 建築物を設計する人(例…
  • a person who wrote songs (both the music and the words may be subject to moral rights)
  • the creator (e.g.) of a picture/drawing/cartoon
  • a photographer
  • a performer of ‘sounds’ (e.g. music and voice recordings). 実演家には、音楽家または音楽家集団、指揮者、俳優、ラジオ、テレビ、オンライン/デジタルコンテンツ(広告を含むが、ニュースを読むことは除く)で実演する人、映画の場合は、映画の監督、プロデューサー(プロデューサーが企業の場合は除く)、脚本家が含まれます

帰属権にはどのような権利がありますか?

著作者は、作品または映画が以下の方法で使用される場合は常に、その著作者として特定または認識される権利を有します。

  • 作品が複製されたとき、または映画がコピーされたとき
  • 作品または映画が公衆に伝達されたとき
  • 作品または映画がオンラインまたはデジタルで利用可能になったとき
  • 作品または映画がデジタルで送信されたとき
  • 作品または映画が以下の方法で使用されたとき 著作物が脚色される場合(この権利は芸術的著作物および映画には適用されない)
  • 著作物が公の場で演じられる場合(この権利は芸術的著作物および映画には適用されない)
  • 芸術的著作物と映画が公で展示される場合。

著作者の人格権は、帰属を省略することが状況において「合理的」であれば侵害されない。

どのような形で帰属すべきですか。

作品や映画の著作者が特定の方法で帰属を要求し、その要求が妥当であれば、作品や映画をその方法で特定しなければなりません。

著作者が作品またはフィルムの著作者として識別されることを望む方法を要求していない場合、 著作者の識別は、作品またはフィルムの各複製、コピーまたは翻案において明確かつ合理的に顕著でなければならない。

明確かつ合理的に顕著な識別とは、人が著作者の識別に気付くであろうことを意味する。 詳細については、「オーストラリアの専門的な視覚芸術、工芸およびデザイン部門のための実践規範」を参照してください。

著作者人格権は、誤った帰属から保護しますか。

  • 他人が自分が作品や映画の著作者であると偽って主張すること
  • 自分の作品や映画が他人によって改変され、あたかも改変されていない著作者の作品や映画として扱われることを防ぐ権利がありますが、改変が実質的でない場合や法律で定められている場合はその限りではありません。

1968年著作権法(Cth)(Copyright Act)は、虚偽の帰属を構成する行為のリストを定めています。

  • 著作物(著作物の複製を含む)または映画において、その人物が著作者でない場合に、その名前を挿入/付加する(または同じことを許可する)
  • 帰属者が著作者でないことを知りながら著作物(複製を含む)または映画を扱う
  • 帰属者がその人物を知っていて公衆へ作品または映画を伝達、あるいは著作者ではない場合に作品または映画を扱う
  • など。

著作者人格権は、私の作品や映画の完全性を保護しますか。

著作者は、自分の作品や映画が「軽蔑的な扱い」にさらされることに異議を唱える権利を有します。

作品や映画を変更、修正、破壊するような物理的な行為は、それが著作者の名誉や評判を傷つける場合、軽蔑的な扱いとなります(例えば、オリジナルの絵画や図面を汚す、建築家が設計した公共建築物に手を加えるなど)。

時には、作品や映画の見せ方、芸術作品が展示される方法や場所も、その扱いが著作者の名誉や評判を傷つける場合、軽蔑的扱いとなる場合がある。

軽蔑的扱いのクレームの最近の例としては、ショッピングセンターに展示されている彫刻のガチョウの首に装飾用のリボンをかけたり、ブリスベン・リバーサイドセンターの前庭にパブの「豚と笛」を設置したことである。

その行為が状況的に「合理的」であれば、著作者の権利を侵害することにはなりません。

著作者人格権は譲渡・譲与できるのか

著作物や映画の著作権が譲渡された場合でも、著作者人格権は著作者に帰属するので、他の個人や会社に譲渡することはできません。 しかし、著作者は、作品や映画が特定の方法で使用されることに同意することができます。

  • 著作者または著作者の代理人によって与えられ
  • 書面であり
  • 虚偽または誤解を招く記述により誘導されておらず、強要により取得されていない場合のみ、同意は有効となります。

同意は、同意がなされた日の前後に発生した、作品や映画に関する特定または種類の行為や不作為に対してのみ与えられる。

著作者人格権はどのように従業員を保護するか? 著作物や映画を編集したり、許諾したりする者は、著作権法上の著作者とはみなされません。

従業員は、雇用の過程で職務を遂行する場合、著作物や映画の実際の創作者となることがあります。

従業員は、雇用の過程で著作された作品又は映画に関するすべての行為又は不作為に関 して、雇用者の利益のために一般的な同意を与えることができる。

優れた実践は、雇用の過程で重要な作品を書いた従業員をその作品の著作者として明確に 識別又は認識することを支援している。 重要な著作物」とは、通常、相当な創造的努力の結果である実質的/主要な著作物または技術的性質の著作物のことである。 一般的に、概要書、メモ、提出物、メディアリリースなど、純粋に管理的または日常的な性質の著作物は、この文脈では『重要な著作物』ではありません。 (

著作者人格権は請負業者にどのように影響するか

外部の第三者が作成したすべての作品または映画は、そうすることが不合理である場合、または特定の種類の行為または不作為に対する適切な書面による著作者人格権の同意が著作者から得られていない限り、作品または映画の著作者を識別しなければなりません。

コンサルタント/請負業者との契約には、適切な著作者人格権条項を含めなければならない。

侵害が発生したかどうかを判断する際に考慮することは何ですか。

  • 作品や映画の著作者を特定しないこと
  • 作品や映画を誹謗すること

ただし、その行為が状況において「妥当」である場合は、著作者の権利を侵害しないものとする。

著作者を特定しないことが合理的であったかどうかを判断する際に考慮される要因は以下のとおりです。

  • 作品またはフィルムの性質
  • 作品またはフィルムの使用目的
  • 作品またはフィルムの使用方法
  • 作品またはフィルムが使用される文脈
  • 作品またはフィルムの使用に関連する業界の慣習または行動規範
  • 著作者を特定することで発生したであろう困難や費用

  • 作品または映画が、著作者の雇用の過程で、または他者のための役務の履行に関する契約に基づいて作られたかどうか
  • 作品が2人以上の著作者を有する場合(映画には該当しない)
  • 。 特定できなかったことについての見解

例えば、従業員は通常、日常的なメモや報告書の著作者として帰属させる強制力のある権利を有さないでしょう。

その他、著作物の軽蔑的な扱いとなる行為には、不正確な内容や不快な内容を出版前に削除するために記事を編集することなどが含まれるかもしれない。