職場の安全

スカレーニって何? 大胸筋、腹筋、上腕二頭筋、あるいは大臀筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋のような身近な筋肉ではありませんが、主要な神経血管束に関連している点から重要な筋肉群です。

頭蓋筋は、前、中、後頭蓋筋からなり、頸椎の横突起から発生し、わずかな角度で下降して第1または第2肋骨のいずれかに挿入される。 一対の外側頸部筋として、頭部と頸部の屈筋と回旋筋、および吸気筋の付属筋として機能する。 前斜角筋と中斜角筋の間には、上腕神経叢と鎖骨下動脈が通っています。 腕神経叢は上肢を神経支配し、鎖骨下動脈は腕に血液を供給し、右血管のいくつかの枝は頭部と胸郭の一部に供給している。 この緊張状態が続くと、前斜角筋と中斜角筋を通る神経血管束を圧迫することになります。 臨床的には、手、前腕、上腕、または胸郭領域に痛みを示す胸郭出口症候群として表現されます。

ストレッチは包括的なエルゴノミクスプログラムの代わりにはなりませんが、補助として、マイクロストレッチエクササイズプログラムは、組織への血流増加を促すことにより、筋肉疲労をある程度緩和させることができます。 特に肩甲骨筋の場合は、肩の力を抜いてニュートラルな姿勢を保ちながら、頭を横に傾けて耳を肩に近づけ、可動域の最後で10秒キープし、反対側にも同じことを繰り返します。 腕を頭の上に伸ばし、ゆっくりと腕を胴体の横に下ろす「リーチ・フォー・ザ・スカイ」ストレッチは、大胸筋のストレッチと胸の開きに有効である