白椿の意味

その清らかで純粋な色合いを持つ白い椿は、愛らしい品質を描きます。

あなたが誰かを愛らしいと思うなら、あなたがその人に贈ることができる最高の花は、白いツバキです。

椿はどんな色でも、堅実さや優秀さといった意味を持っています。 日本人は別として、感心や感謝の気持ちを表すときに贈る花です。 また、大切な人の幸せを願って贈る花でもあります。

  • Name: 白椿
  • 色:白椿は、様々な色合いの白を帯びています。 綿のような白や、花びらの根元にクリーム色が混じった白もあります。
  • 形状 椿は通常カップ状であり、白椿は同じ形状を示す。
  • 事実:観賞用植物であるほか、椿は茶樹としても使用される。 椿は異なる文化の中で非常に重要な位置を占めている。 韓国では、結婚式の際に長寿と忠実の象徴とされてきた。 この習慣は、早くも紀元前1200年から始まっている。
  • 毒性:ツバキには白もそれ以外も毒はなく、だからこそお茶として飲むことができる。
  • 花びらの数。 花弁の数:白椿の花弁は5枚が最小ですが、全部で9枚の花弁を持つ椿もあります。
  • ビクトリア朝の解釈。 椿はその色によってさまざまな意味を持つが、人々は可愛いと思う相手への気持ちや思いを白い椿で表現した。
  • 開花時期:白椿の中で最もポピュラーな品種は朝顔のヤポニカ椿である。 この植物は12月から早春にかけて白い花を咲かせる。

迷信:

ヴィクトリア朝時代にはポジティブな意味を持つ白椿だが、最近では世界の他の地域でネガティブな意味合いで用いられることもある。 日本のような国では、白い椿は死や葬式に関係するという迷信がある。 日本の取引先と会うときは、絶対に白椿を贈ってはいけません。

  • The Shape: 白い椿が満開になると、花びらが繊細なカップのような形になる。 椿は完璧なカップの形にならないこともあるが、それでも魅力的で清楚な花に仕上がるのは同じだ。 しかし、白椿の場合は、完璧な形のカップの花を咲かせることで、その人の愛らしい資質に対する賞賛のメッセージを体現することができるのです。 花びらの形は、その花の持つ意味と大きくかかわってくる。 白椿の場合、5枚から9枚の花弁があり、その花弁が汚れない限り、その人を愛おしいと思う気持ちを伝えるのに最適な方法です。 椿は、数秘術では11という数字で表されます。 これは直感や、善と悪のバランスを意味します。 そのためか、白い椿は、ある面では賞賛を意味し、別の面では死を意味する。
  • 色:白は純粋で汚れのない色であり、愛らしい資質に関係する。

薬草と医学。

白椿や他の色の椿は、お茶にすることができます。 お茶の形で、ツバキは、感染症、消化器系の苦情や痛みに関する健康問題を解決することが知られています。 緑茶の形として、それは免疫システムを高めることができる強力な飲み物です