白内障手術はやり直せるか

白内障手術は元に戻せません。 白内障の原因となる濁った天然レンズは手術中に取り除かれ、元に戻すことはできないからです。 ほとんどの場合、白内障の手術をやり直せるかどうかを尋ねる人は、白内障が再発しないか、視力を改善するために他にできることはないかを暗示していることが多いです。

Can a Cataract Come Back?

良いニュースは、一度除去した白内障は再発しない、ということです。 白内障は、加齢や外傷により、目の中の天然レンズが曇ることで発生します。 白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、人工の水晶体インプラントに置き換えます。

眼内レンズは交換できますか?

手術中に使用された眼内レンズ(IOL)が正しい位置にない、または理想的な度数でない場合、位置を変えたり交換したりすることができます。 例えば、多焦点インプラントを使用して老眼を矯正した場合、手術後に近見視力が低下したり、ハレーションを起こすなど視力に問題があれば、IOLを別の老眼矯正インプラントに交換することが可能です。

白内障手術は、米国で最も安全かつ一般的に行われている手術のひとつです。したがって、白内障手術をやり直す必要はほとんどありません。 交換手術に代わる効果的な方法には、

  • メガネまたはコンタクトレンズ
  • レーザー視力矯正
  • 辺縁緩和切開

眼内レンズ交換または再配置を検討している場合は、リスク、メリット、適した代替案を分析しながら、選択肢について十分に話し合いましょう。 これらの測定は、眼球の長さ、角膜の曲率、白内障の位置、新しいレンズなど、多くの要因に影響されます。 一般的ではありませんが、インプラントの合併症やレンズの位置や度数が悪いために、すべての外科医が眼内レンズの交換をしなければならない時があります。

白内障手術後に視力は低下しますか?

白内障手術後に視力が低下することは、緑内障や黄斑変性症などの他の問題が発生しない限り、一般的にはあり得ません。 白内障手術に使用される水晶体インプラントは、非常に丈夫で長持ちします。 白内障手術後、水晶体インプラントを保持するカプセルが曇り、視力に影響を与えることがあります。 眼科医はレーザーで曇りを取り除き、視力を回復させることがあります。

ほとんどの人は、白内障手術後、少なくとも一定期間はメガネやコンタクトレンズを使用しなければなりません。 手術から目が治ったら、眼科医は優れた視力のために処方された眼鏡の使用を勧めるかもしれません。

dfweyes.com