植物に話しかけると成長するという奇妙な実験

  • 家具大手イケアは、ドバイの学校の子供たちのためにライブ実験を行いました
  • それは2つの同じ植物を30日間同じ環境に置くというものでした
  • 唯一の違いは、一方の植物に否定的に話しかけられたということでした。
  • その結果、植物の見た目には明らかな違いがありました。
  • 一部の人々は、この実験の背後にある科学に疑問を投げかけ、デマだと言っています。

かつてチャールズ皇太子が、植物の成長のために話しかけるのが好きだと認めたとき、このコメントは嘲笑をもって受け止められました。

しかし、新しい実験の結果を信じるなら、緑色の指を持つ王室は実際に正しいかもしれません。

ADVERTISEMENT

家具の巨人Ikeaは、学校の子供たちのグループに、2つの植物にまったく異なる方法で話しかけるよう依頼しました。1つは優しく、もう1つはいじめや憎しみのこもったコメントをたくさんつけて。

Scroll down for video

GEMS Wellington Academy at the Silicon Oasis school in Dubaiのプロジェクトに参加した2人の生徒は、植物の箱に流れ込む甘い言葉を聞いています
‘You, you are nothing than a little green weed'(お前はただの雑草だ!)と。 実験の植物の1つは、30日間の実験の間、ずっと嘲笑にさらされました

30日間、光、水、肥料の量が同じ条件で飼育された2つの植物が、ドバイの学校に展示されました

子供たちは、遊び場の嘲笑も含めて、ネガティブなコメントとポジティブなコメントの両方を記録するよう促されたのです。

そして、言葉によるいじめと甘い言葉を、コンピュータの音声を使って植物に定期的に与えました。

月の終わりに、否定的な言葉を浴びせられた植物は、葉が垂れて枯れ、目に見えて変わったように見えたそうです。

Click here to resize this module

一方、いいことを言われた植物は、YouTubeの動画で、二つの花の違いがはっきりとわかるほど繁茂していた。

Bully a plantと名付けられたこのプロジェクトは、中東のアンチ・いじめの日(5月4日)についての認識を高めるために行われた。

しかし、この映像を見た人の多くは、この映像を「デマ」だと非難している。

YouTubeでは、ある人が「これが健全な科学であるはずがない」と書き込んだ。 もっと多くの植物でこれを繰り返してほしい。 これはデマだ」

Science talks: この実験では、植物も人間と同じように、優しい言葉によく反応するという考えを調べました
Sticks and stones(棒と石)。 30日間の実験が終わるころには、罵詈雑言の嵐を受けた植物は、枯れ葉でしおれたように見えました
実験が真実であると確信している人がいる一方で、イケアはマーケティング目的で結果を作り出したのではないかと疑う人もいます

別の人は、「明らかに広告代理店が操作した詐欺広告だ」とも述べています。 この「実験」全体は、存在しない科学に基づいています。 2013年、BBC1の「Countryfile」の25周年記念特別版で、皇太子は、植物に話しかけるだけでなく、何をすべきかを指示したことを認めた。

植物は学校で同じ条件で管理され、それぞれ同じ量の光、水、肥料が与えられました

有機農業と持続的農業のチャンピオンである皇位継承者は、当時のプレゼンター、ジュリア ブラッドベリーに対して、「私はただ植物に来て話す、本当に – 彼らに話すことが非常に重要だ」と述べた 1986 年のコメントを支持する、と語りました。 植物と対話することはとても重要です。彼らは応えてくれます」

ADVERTISEMENT

これは今でもやっていることかと聞かれると、チャールズは自虐的にジョークを飛ばしました。 いいえ、今は代わりに指導しています」