希ガスとは何か、いくつあるのか?

「7番目の希ガス元素が存在する可能性があります。 ユヌノクチウムは希ガスに似た性質を示すが、発見から10年以上経過しているため、すべてあやふやな状態である。 他の6つの希ガスが示さないような奇妙な相対論的性質を持っており、まったく気体でない可能性さえあるのです! そのため、「ラドン」と「グループゼロ」の間の7番目のトラックは保留にされた。 一時はボーナスとして追加することも検討されたが、アルバムの連続性を損なうと判断されたのである。 それに、この曲はデモで、他の曲と同じ水準で仕上がっていない。
http://www.mikedickson.org.uk/noblegases/index.html
“…Ununoctium は18族に属するが、他の18族元素とは異なり、もしかしたら希ガスではないかもしれない。 以前は気体であると考えられていたが、相対論的効果により通常の条件下では固体であると予測されている…」
…同様に、ユヌノクチウムは閉じた外価電子殻を持ち、その価電子は7s27p6配置であると考えられている。
その結果、ユウノクチウムは他のグループと似た物理的・化学的性質を持ち、周期表の上の希ガスであるラドンに最もよく似ていると予想する人もいます。 しかし、理論計算の結果、かなり反応性が高いことがわかったので、おそらく希ガスとはみなされないだろう」
http://en.wikipedia.org/wiki/Ununoctium

.