大いなる平等

カリフォルニア州サンタモニカに住む赤毛の17歳、エバ・スウィーニーは、女友達と何時間も話し続け、話すことに飽きることがないほど楽しい。 毎日午後になると、友人たちとオンラインで連絡を取り合う。 学校に行くのは好きだが、夏休みが待ち遠しい。 チョコレート・ラブのアニーと、活発なミックス犬のバスター。 エバは犬が大好きで、それを仕事にして、夏の間、犬の散歩のサービスをしてお金を稼いでいる。

エバに会うと、「障害者」という言葉がいかに特別なニーズを持つ人々にとって誤解されがちかがわかる。 エヴァは脳性まひです。脳性まひは、筋肉の動きを制御し調整する脳の部分の損傷によって引き起こされる一群の疾患です。 彼女は、支援技術、自分の意志、周囲の協力によって、自分の症状に対応することを学びました。 彼女は、クロスロード・スクールの生徒として、完全に溶け込んでいます。 彼女は軽量の車椅子で移動し、専任の介助者の手助けが必要です。 コミュニケーションには、ラミネート加工されたシンプルなアルファベットボードを使用します。 野球帽の縁に電池式の赤いペンライトをつけ、頭をなでることで自分の考えを綴ることができます。 授業では、補助者のローレル・イスビスターが彼女の言葉を読み上げ、テストの答えを手書きで記録しています。 そのうちの1つが、ヘッドマウスと呼ばれるものです。 これはコンピュータの上に設置された小さな箱で、赤外線を照射し、エヴァが額の真ん中につけている小さな反射点の動きを追跡するものです。 彼女が頭を動かすと、コンピューターのカーソルが画面上のキーボードを作動させ、Evaはレポートをタイプし、手紙を書き、Eメールを送ることができます。

より複雑なテクノロジーを使うのが得意なEvaは、友人やクラスメートと直接対話するにはローテクのペンライトとスペルボードを好んでいます。 Eva さんの 11 年生の英語の先生である Nika Hoffman 氏にとって、支援技術は、関係者全員の直接的な接触を開始し維持するために非常に重要でした。 「私たちのクラスは、非常に平等主義的な設定になっています」とHoffman氏は説明します。 「全員がお互いを見ることができるように、広い円形に座っています。 エバはみんなと一緒に働いています。 彼女はその輪の一部であり、あらゆる点で参加しています。」

技術の高低は、特別なニーズを持つ生徒が一般の教室で学習できるようにし、メインストリーム化が初めての教師が全員にとってスムーズな移行ができるよう支援する、大きなイコライザーとなっています。

メインストリーム化の必要性

教育省特殊教育・リハビリテーションサービス局は、議会への第21回年次報告において、6歳から17歳までの全国の生徒の11パーセントが障害者教育法(idea)の適用を受けていることを示しました。 そのうち96パーセントの子どもたちは、普通の公立学校と私立学校に通っています。 インクルージョン・プログラムは、これらの生徒を特殊教育プログラムから通常の教室に主流化することを目的としている。 1990年、ノースカロライナ州コーネリアスの5年生教師リンダ・シリングは、車椅子の筋ジストロフィーの生徒2人と、学習障害のある生徒3人の計5人を新たに迎え入れる準備をしていた。 彼女は、特別支援学校の生徒をメインストリームにした経験がなく、また最新の支援技術にも特に詳しくありませんでした。 この新しい挑戦に直面したシリング氏は、カロライナコンピュータアクセスセンターから助成金を受け、新しい生徒を支援するために技術を活用することにしました。

「初めてこの状況に直面した教師は、まず自分が知らないことを認め、それを受け入れて、学習プロセスを開始する必要があります」とシリング氏は言います。 最も重要なのは、全員を巻き込むことです”。 シリングは、クラス全員をこの取り組みに参加させました。

リンダ・シリング氏の経験以来、支援技術は年を追うごとに洗練されてきています。 デニス・ランス博士は、「メインストリーム化」を教えています。 Denise Lance博士は、オンライン継続的成人教育プロバイダーであるOnlineLearning.netを通じて、サンディエゴ大学で「Mainstreaming: Teaching Individuals with Special Needs in the Regular Classroom」(主流化:特別なニーズを持つ人々を通常の教室で教えること)を教えています。 ミズーリ州のコンピュータから全米の学生を指導しているランス博士は、自身の脳性まひがきっかけで、支援機器の使用に関する専門家となりました。 その中で彼女は、特別なニーズを持つ学生やその他の人々が利用できる機器の選択肢の広さを強調しています。

「市場には2万以上の支援技術機器やソフトウェアプログラムがあります」とランス博士は指摘し、「障害を持つ個人にはそれぞれ異なる長所とニーズがあります」と述べています。 使用するテクノロジーは、障害や重症度、個人の選択によって異なります」

Eva Sweeney さんは、会話にはローテクのスペリング ボードを好んで使用しますが、コンピュータを使うのは好きで、わずか 3 歳のときに両親にコンピュータを求めました。 UCLA Intervention Program for Children with Disabilities は、特別なニーズを持つ子供に支援技術とインクルージョン プロセスを紹介する効果的なモデルです。

Executive Director の Kit Kehr が監督するこのプログラムには 14 人の幼児(うち 2 人は非障害者)が参加しています。 Kehr氏にとって、幼児グループに障害のない仲間がいることは重要です。「幼児同士の社会的交流、コミュニケーション、遊びのきっかけになるからです。 また、親が子どもの正常な発達の一端を認識する助けにもなります」

このプログラムには、2人の幼児教育者と2人のアシスタント教師、そして作業療法士、理学療法士、言語療法士が参加しています。 1982年に開始されたこの取り組みでは、コンピューターと支援技術の利用を進め、特別なニーズを持つ生徒のための80以上の教育ソフトウェア・プログラムの開発を先駆けました。

ごく普通の保育園の教室の真ん中で、3人の子供たちがコンピューター・コンソールを囲んで「ペーパー・ドールズ」をしています。この活動は、若者が季節の衣服を特定し、スクリーン上のキャラクターに着せることを学習させるものです。 プレイヤーは、簡単なスイッチ1つで画面上に変化を与えることができます。

子どもたちは、3歳で普通の幼稚園に入るまでに、このUCLAの施設でさまざまなコンピュータ学習の体験をしていることでしょう。 Kehr氏によれば、「コンピュータは子どもたちを刺激し、より多くのことをさせるのに役立ち、また一般的に子どもたちはより長くコンピュータと付き合うことができる。 また、運動、認知、言語、個人的な発達の促進にも役立ちます」

Filling the Gaps

すべての特別支援児童が、幼少期にテクノロジーの使い方を学べるわけではありません。 どのような補助手段があり、それをどのように使うのがベストなのかを知るために、学校、教師、親、障害のある生徒は、非営利の Alliance for Technology Access (ATA) とその全国 42 のリソース センターを利用できます。

ATA のサイトの 1 つ、ロサンゼルスの Computer Access Center (CAC) は、常務取締役の Mary Ann Glicksman によって監督されており、南カリフォルニアの学校区との契約のもと、メインストリーム化の過程において障害のある学生とその教師とを援助しています。 彼らの目標は、完全なインクルージョンです。 コンピュータ・アクセス・センターは、何百ものソフトウェアやコンピュータ周辺機器を提供し、それぞれのユーザーに合った技術的な解決策を提供する手助けをしています。