口蓋拡張器に関する6つのよくある質問

多くの幼い子供たちが歯科医から当院を紹介されますが、親はなぜ7歳から10歳の子供を診るのか不思議に思うことがよくあります。 場合によっては、上顎と下顎の骨の大きさのバランスが悪いことがあります。口蓋拡張術は、これらの問題を修正し、思春期に入った子供たちがよりバランスのとれた成長と歯の萌出をできるようにするための素晴らしい方法なのです。

1) なぜ子供にエキスパンダーが必要なのですか?
口蓋拡張器は通常、上顎が下顎に比べて狭すぎるときに、上顎を広げるために使用されます。 これは、上の歯が下の歯の中に収まっている「反対咬合」として知られている歯の状態を治療するのが一般的です。

2) エクスパンダーは何をしますか?
口蓋拡張器は、骨のサイズの問題を修正し、より多くの歯のためのスペースを作るためにゆっくりと上顎を広げます。 口の中の骨を押し広げ、新しい位置で骨を保持し、口の中の骨を形成します。

3) 口蓋拡大装置に期待できること
拡大装置に慣れるまで、最大で1週間ほどかかります。 お子さんは、口の中の天井や臼歯に圧迫感を感じるかもしれません。 また、お子様の舌が新しい器具に慣れるまで、飲み込むのがおかしいと感じることがあります。

4) エクスパンダーは痛いですか?
口蓋拡張装置は、歯と骨をゆっくり動かすので、痛みに対する苦情はほとんど聞きません。 最初の1週間は舌の違和感が最も一般的です。

5) 食事制限はありますか? 粘着性のあるキャンディや噛み応えのあるキャンディ、また非常に硬い食べ物は避けることをお勧めします。

6) エキスパンダーはどのくらい留置されますか?

この情報が、エキスパンダーに関する一般的な質問への答えの助けになれば幸いです。 他にご質問がある場合や、より詳しい情報をお求めの場合は、お気軽にメールまたはお電話で無料カウンセリングをご利用ください。 ダウナーズ・グローブの地域の矯正歯科医として、あなたとあなたのご家族をお手伝いできることを楽しみにしています : )

– Dr. Zach