医師から腰痛は骨棘によるものと言われましたが、どういう意味でしょうか?

骨棘は必ずしも腰痛につながるわけではありませんが、一般的な原因となっています。 そのため、このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 骨棘は、実際には滑らかな構造をしており、X線やMRIに現れることは、一般的な変性の一種であることを示しています。 このような状況下、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……………………………………………… 背骨の椎骨の間で衝撃吸収材として働く椎間板は、時間とともにゆっくりとすり減り、椎骨の間で過剰な動きを引き起こします。 脊椎の骨をつないで強化する靭帯は、脊椎間や脊椎の関節のこの緩みを修正しようとして厚くなります。

やがてこの余分な靭帯材料は石灰化を始め、骨棘が発達し、脊髄に沿って走る神経に接触して痛みを引き起こします。 骨棘による腰痛は通常60歳を過ぎるまで起こりませんが、遺伝、悪い姿勢、栄養不良、怪我などの要因が、脊椎の変性と痛みを伴う可能性のある骨棘の発達を著しく早めることがあります。

骨棘の診断方法

骨棘があるかどうかを判断するために、医師は以下の一般的な症状を調べます。

  • 腰痛
  • 手足の痛み、しびれ、脱力
  • 頭痛
  • 可動域の喪失
  • 膀胱や腸の失禁(まれに)

これらの症状は関節炎や腰痛と似ているからです。 骨棘が腰痛の原因であるかどうかを診断するためには、精密な検査と症状の完全な評価が必要です。 骨棘を特定するために、X線、MRI、CTスキャンなど、いくつかの種類の診断テストが一般的に行われます。 また、EMGやNCVのような導電性テストを行うこともあります。 これらの検査はそれぞれ、損傷や骨棘の存在など、背骨の状態や構成について医師に異なる画像を提供します。 また、このような場合にも、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いから、「このままではいけない」という思いからの「このままではいけない」から、「このままではいけない」という思いに変わりました。 2週間後には、違いに気づくことができるはずです。 もし、症状が悪化した場合は、腰を温めたり、冷やしたりを交互に行い、安静にしてください。 また、筋肉弛緩剤や抗炎症剤とともに鎮痛剤が4~6週間処方されることもあります

さらに腫れと炎症を抑えるために硬膜外ステロイド注射が処方されることもあります。 これらの治療による緩和は一時的なものですが、これらの治療法を繰り返すことで、長期間にわたって痛みを軽減することができます

これらの処置が有効でないことが判明した場合は、脳神経外科医に治療法を相談する必要があります。 あなたの診断が止められない背中の痛みを引き起こし、あなたの生活の質を妨げている場合、あなたは骨棘を除去するために椎弓切除術を受けることを検討する必要があります。 これは、成長を永久に除去し、あなたの痛みの原因となっている神経の圧迫を緩和します

現代の医療が広く利用可能になったことで、あなたの腰の痛みを和らげるために多くの選択肢があります。 このような状況下において、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……………………………………