世界最小のクマに会いに行く

世界でも珍しいクマ

世界で最も小さいクマだが、最も珍しいクマのひとつでもある。 ヒグマ、ジャイアントパンダ、ホッキョクグマよりもはるかに小さく、平均体重も25~65キロと、ホッキョクグマが800キロにもなるのに対し、はるかに軽い。

東南アジアの熱帯林に生息し、多くの時間を木の上で過ごしている。 他のクマと違って、体が小さいことと、大きな鎌状の爪があることが利点です。 木の上に巣のようなものを作り、そこを住処にしています。 もうひとつの驚くべき特徴は、全種類のクマの中で最も長い舌である。 最大45cmもある舌は、蜜をとったり、穴の中に隠れている昆虫を取り出すのに役立っている。 その食性は、生態系にいくつかのサービスを提供している。 餌となる果実の種は糞によって拡散され、熱帯林の存続に貢献する。 また、シロアリなどの寄生虫を食べることで、その個体数を調整し、木々への影響を制限しています。

しかし、このクマはIUCNによって「脆弱性」にリストアップされています。 その理由は、依存する森林の破壊と狩猟である。 生息地を同じくするツキノワグマと同様、漢方薬に使われる熊の胆汁の取引の対象になっています。 東南アジアでは、このユニークなクマを保護するためにいくつかの団体が活動しています。 黒い短い毛、胸の黄色いU字形のパッチ、灰色がかったオレンジ色のマズルで見分けがつく、マレー熊。