レーザー脊椎手術の成功率とリスク

レーザー脊椎手術は、変性椎間板など、一般的な脊椎疾患の治療に用いられる最先端の処置です。 医師は、これが成功し、利点がリスクを上回ると信じていない限り、これまたは他の手順を推奨しません。 しかし、手術を受けるかどうかを決めることができるのは、あなただけです。 レーザー背骨手術の成功率やリスクなどの情報を見つけることが、自分に合っているかどうかを判断する最善の方法です。

成功率レーザー背骨手術を受けた人の大半は、痛みやその他の症状から解放されます。 ほとんどの場合、手術後すぐに痛みが軽減されるはずです。多くの患者は、手術自体から完全に回復するまでには時間がかかりますが、痛みなしでオフィスから歩いて出ることができます。

しかし、どんな手術にも保証はありません。 手術をしても、症状が続くケースもあります。 これにはさまざまな理由があり、なかにはよくわかっていないものもあります。

リスク

一般的に、レーザーによる背中の手術は、従来の背中の手術よりもリスクが少ないです。 これは、手術がはるかに少ない侵襲であり、より少ない組織で動作しているという事実によるものです。

  • 感染症
  • 出血
  • 血栓
  • 慢性疼痛

同時に、すべての手術にはある程度のリスクが伴うものである。 合併症の可能性は常にあります。 繰り返しになりますが、名医であれば合併症のリスクを減らすことができますし、大多数の患者さんは合併症を経験しません。

肝心な点

すべての手術と同様に、レーザー手術に関連する合併症や失敗のリスクはあります。 しかし、大多数の患者は症状の緩和を経験し、深刻な副作用を発症することはありません。

レーザー脊椎手術があなたに適しているかどうかの相談を予約するには、以下をクリックしてあなたの情報を入力するか、Datta Endoscopic Back Surgery and Pain Center (646) 374-1799.

に電話してみてください。