モシン・ナガント 史上最も大量に生産されたボルトアクション・ライフル(動画)

1891年に登場したモシン・ナガントは、帝政ロシア軍で使用されるために考案されたライフルである。 約3年の歳月をかけて開発されたこの銃は、5発のボルトアクション式で、内部弾倉式である。 この銃は世界中で使用され、現在でも歴史上最も多く生産されたボルトアクション式小銃の一つである。

この銃の原型は1800年代後半に登場したが、最もよく使われているのは、1930年に作られた改良型のモデルである。 1つはセルゲイ・イワノビッチ・モシン大尉が提出したもの、もう1つはレオン・ナガントというベルギー人デザイナーが提出したものでした。 当初はモシンの案が承認されましたが、1930年に作られた新世代のライフルはナガンのデザインから多くの部分を借用しており、デザイナーはこの件に関して実際に訴訟を起こしたほどです。

このため、ライフルはモシン・ナガントとも91/30モデルとも呼ばれています。 その背後にあるYouTubeチャンネル「hickock45」は、老舗の銃器専門家が運営し、登録者数は200万人を超えている。

このライフルに興味がある人も、武器の歴史に興味がある人も、hickock45は一見の価値ありです。