ブレインマッピング(qEEG)

脳の各部位にある小さなセンサーを通して、脳の電気活動を記録することでブレインマップを作成します。 まず、額と耳たぶをアルコールで洗浄し、皮膚の脂分を取り除きます。 耳たぶにイヤークリップをつけます。 伸縮性のある素材でできた特殊なキャップを頭にかぶります。 キャップには19個の小さな穴が開いており、そこにジェルを注入します。 ジェルを入れた部分は、ひんやりとした心地よい感覚を感じるかもしれません。 キャップはワイヤーでEEG機器に接続され、脳波は技師のコンピュータ画面上で見ることができます。 2450>

目を開けた状態で約5分間、目を閉じた状態で約5分間、脳波を記録します。 その際、椅子に座ったまま、動きを制限し、飲み込みすぎず、筋肉の緊張をできるだけ少なくするようお願いしています。 ビーチでマッサージを受けているようなふりをするのも効果的です。

後日、結果は分析され、マルチカラーの脳地図が作成され、Fotuhi博士に送られます。 この結果は、フォトゥヒ博士に送られ、新患の予約の際に博士が直接確認します。