ビールとホップについて

ホップはアジアが原産地です。 メソポタミアや古代エジプトではすでに、穀物などの植物から飲料をつくっていた。
文化としては、8~9世紀にはすでにフランスやバイエルンでホップが栽培されていた。 当時、ビールは修道院で醸造されており、醸造所のあるところではどこでもホップが栽培されていた。 立地や土壌、気候の面で最適な場所で栽培されるようになったのは、その後のことである。 ホップ栽培が花開いたのは、16世紀。 ヨーロッパでは、チェコとバイエルンがホップ栽培の中心地だった。

スロヴェニア領でビール醸造にホップを使ったという最初の記述は、1160年頃、シュコフィヤ・ロカの地主のurbariumにさかのぼる。 1764年から1767年にかけて農民組合が設立され、ホップを含む様々な産業植物の導入が奨励・促進されたのである。 1870年以降、サヴィニャ渓谷下流域でより集中的なホップ栽培が始まった。
サヴィニャ渓谷下流域で最初のホップ農園は、1876年にノボチェリエ邸で当時邸の管理人だったヨシップ・ビルガーが植えたものであった。 サヴィニャ・ゴールディング種のホップの正式な栽培開始は1886年で、ヤネス・ハウゼンビヒラーとカール・ハウプトが最初のテストを行った。

ビール醸造業もスロヴェニアでは豊かな歴史を持っている。 スロベニアの領土でビールを醸造していたことを証明する最初の文書は、13世紀にまでさかのぼります。 19世紀末には、小さなビール醸造所が各地に急速に拡大し、大きいものでは3,000 hlのビールを醸造できるようになった。 第一次世界大戦後、スロベニアのビール会社はすべて合併し、株式会社となった。 VrhnikaとMengešは1922年にビール醸造を停止し、1925年はKočevje、Kranj、Žalecにとって致命的な年でした。 第二次世界大戦後、3つの大きなビール工場が設立されました。 ユニオン、ラシュコ、タリスです。 ドムジャレのアダム・ラフバール醸造所、クラトチヴィル醸造所など、新しい小規模な醸造所が現れ始めた