ドミンゴ・F・サルミエント伝

Domingo Faustino Sarmientoは、有名な作品Facundoの著者であるだけでなく、アルゼンチンを代表する作家・政治家であった。 彼は、言論の自由、共和制、自由貿易などを主張した「1837年の世代」と呼ばれる知識人グループの一員だった。

彼は1811年に、宗教家の母親と独立戦争に従軍した父親の間に生まれた。 彼らの愛国心と勤勉さに感化され、学校にはあまり長く通わなかったが、独学でフランス語を習得した。 1820年代には州議会議員を務めたが、独裁者フアン・マヌエル・デ・ロサスへの反感からチリへの亡命を余儀なくされた。 そこでジャーナリスト、教師として活躍し、執筆活動を開始した。 1845年、『Facundo』(フルタイトル Civilizacion y Barbarie: Vida de Juan Facundo Quiroga)を出版する。 アルゼンチンで最も有名なこの作品で、彼はある武将の物語を使い、ローザスをさりげなく批判している。 この本の知名度と切れ味の良さは、チリとアルゼンチンの外交関係に困難が生じるほどだった。 チリはサルミエントをヨーロッパに派遣し、教育やチリへの移民を呼び込む方法について研究させた。 ヨーロッパ、アフリカ、アメリカを旅したサルミエントは、多くの手紙を書き、ラテンアメリカ人が書いた最初の旅行記として出版された

フランスで彼は建築に感嘆したが、社会的不平等とフランスがド・ロサスを支持しているという事実に悩まされることになった。 パリに到着したとき、彼は『ファクンド』のコピーが置いてあり、書評が出ることを期待したが、コピーが届かなかったため、自分で手配することになった。 パリ政治を理解しようと努力し始めたが、決して物事を成し遂げようとするようには見えない言葉の戦いに幻滅し、パリを後にした。 パリにいる間、彼はフラヌールとして特別な洞察力を発揮し、1848年の革命を予見していたという。 アルゼンチンに戻ると、彼は自国の政界に進出する。 1852年、デ・ロサスが倒れ、サルミエントが駐米大使になると、彼はこの国を尊敬し始めた。 2030>

1868年、在外中にアルゼンチン大統領に選出され、1874年までその職にあった。 教育、交通、通信の改善に努めた。 暗殺未遂を免れた。 今でこそ、進歩的で人道的な理想を持った人物として好意的に受け止められているが、当時は特に人気があったわけでもない。 彼の伝記作家アリソン・バンクレーは、彼の大統領就任について「中産階級、つまり土地を所有する階級が国家の枢要な権力者として登場したことを示すものである」と書いている。 ガウチョの時代は終わり、商人と牛飼いの時代が始まった」

大統領任期終了後、ブエノスアイレス州の学校総監督となり、サンフアン州の上院議員にも就任した。 その後、内務大臣になったが、ブエノスアイレス州知事と対立して辞職した。 ブエノスアイレス州教育省学校総監が最後のポストであった。

サルミエントは1888年に心臓発作で死去。 77歳であった。 彼は50ペソに描かれており、1943年に「汎アメリカ教師の日」が制定され、その栄誉を称えられた。 ボストンには彼の銅像があり、ブエノスアイレスにはロダンの銅像がある。