デニー・ハムリン、ワトキンス・グレンでブッシュ・ポール賞

WATKINS GLEN, N.Y. – デニー・ハムリンは土曜日のワトキンス・グレン ロードコースでその日の最速ラップで電撃的にポールポジションを獲得、日曜日のグレンのゴー・ボウリング (3 p.a. )のために獲得したものだ。このような状況下において、「ディアボロス」は、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び、「ディアボロス」と「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び分けることで、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び分けることで、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び分けることで、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び分けることで、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び分けることで、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼ぶことにします。 最終セッションで3番手となったチェイス・エリオットは125.421mphで、ブッシュより0.003秒遅かった。

RELATED:

「今日は素晴らしい一日だった。明日、それを締めくくることができればいい」と、今シーズン初のブッシュ・ポール賞を獲得し、ワトキンス・グレンでは初、キャリアでは27回目となるハムリンは語った。

予選上位陣の結果は、上位車がレース前点検に合格した日曜日の朝に確認された。 その結果、カート・ブッシュの41号車スチュワート・ハース・レーシング・フォードは21位から36位へ、ポール・メナードの21号車ウッド・ブラザーズ・レーシング・フォードは14位から37台フィールドの最後尾へと順位を落とすことになった。 このような状況下において、「このような事態が発生した場合には、速やかに対応する。 そのため、このような「忖度」は、「忖度」ではなく「忖度」なのです。

ブッシュの18号車はガレージの中で一番人気だったが、ハムリンは彼のチームメイトを負かすことができて驚いていた。 「しかし、9番(エリオット)と18番が去って、私がその後ろに回り、彼(クルーチーフのマイク・ウィーラー)が私たちがP1だと言ったとき、私たちは良いショットができたと感じたのです。

「しかし、特に1周の予選で、カイルがマークを当てて、ミスをしないのはすごいことだ。

PHOTOS: See every car in Sunday’s field

Elliott was trend for the pole until the final turn.

“I felt with a good lap going, then I got a little loose out of (Turn) 11 and thought I could stay in it” エリオットは言った。「いい感じでラップして、それから11コーナーでちょっと緩んで、そのままいけると思ったよ。 そして、もう余裕がないと思った。(壁に)どれくらい近かったかはわからないが、かなり近かったはずだ」

「最悪だ。 私はちょうどその近くであることが嫌いです。”

2ラウンドの最初のラウンドでは、多くのビッグネームが道端に落ち、特に2018年の6回のウィナー、ケビン・ハーヴィックは16番目の速度を記録した。 第1ラウンドで4位に終わったマーティン・トゥルーエックスJr.は、7回のチャンピオンであるジミー・ジョンソンを最後の分でぶつけました。

ジョンソンは、第1ラウンドで12位と最後の転送位置を巻いたケイシー・カーネよりわずか0.008秒遅かった。

「そんなに近くにいて2ラウンドに進めないことは嫌ですね」日曜日にうまくレースすることを期待して、ジョンソンは言った。 「しかし、9号車(エリオット)は素晴らしいスピードを持っている」

WGIロードコースでの長年の優勝候補であるブラッド・ケゼロウスキーは予選18位、クリント・ボーヤーは19位のスピードを記録した。