ターゲティング 101: コンテキストと行動ターゲティング

数年前、コンテキスト ターゲティングと行動ターゲティングのどちらに予算をかけるかという問題は、活発な議論になりました。 ある人は、コンテクスチュアル ターゲティングは、より新しく、よりパーソナライズされた行動ターゲティングのために身を引くべきだと言いました。 また、「どちらか一方」という問題ではなく、どちらも補完的な戦術として使用されるべきであると主張する人もいました。 10年以上たった今でも、この疑問は解決されていません。 その答えは、ほとんどのマーケティングの問題がそうであるように、「場合による」のです。 答えにたどり着くために、各ターゲティングの意味を掘り下げてみましょう。

Contextual Targeting

Contextual Targeting は、ウェブサイトのコンテンツに基づいて広告を表示する手法です。 たとえば、レシピサイトに食器類の広告を掲載したり、ランニング フォーラムにランニング シューズの広告を掲載したりします。 これは、ニッチ雑誌に印刷広告を掲載することのデジタル版のようなものです。

広告が事前に割り当てられたカテゴリに該当するページにターゲティングされるカテゴリ コンテキスト ターゲットと、広告が特定のキーワードと一致するページにターゲティングされるキーワード コンテキスト ターゲットがあります。 セマンティック ターゲティングは、コンテクスチュアル ターゲティングの最も高度な形態であり、ページ上の一致するキーワードを識別するだけでなく、コンテンツの各ページの意味を理解するために機械学習を使用することが含まれます。

  • ユーザーがページを訪問すると、そのページのコンテンツ情報が広告サーバーに送られ、キーワードとコンテンツに関連する広告とマッチングします
  • ページの真のコンテキストを理解するシステムが優れているほど、広告マッチングはより優れたものになります。 以下は、化粧に関する記事の隣にスキンケア製品の広告を表示した例です。

    Photo source: https://blog.adbeat.com/how-to-choose-publishers-advertising-campaigns/

    Behavioral Targeting

    行動ターゲティング(別名オーディエンス ターゲット)は、訪問ページ、検索結果、クリックしたリンク、購入した製品などの Web 閲覧行動に基づいて顧客をセグメント化することです。 また、モバイルや実店舗のデータを加えれば、位置情報や店舗での購入履歴なども含まれます。 同じような行動をとる訪問者は、定義された視聴者セグメントにグループ化され、広告主は、閲覧および購入履歴に基づいて、特定の関連性の高い広告やコンテンツでターゲットにすることができます。 行動ターゲティングの例としてよく挙げられるのは、リターゲティング広告です。

    How behavioral targeting works. 出典 Boomtrain.com

    では、どちらが良いのでしょうか?

    要するに、どちらもデジタルマーケティングミックスの一部としてテストする価値があるということです。 私たちがそう言うことは分かっていましたよね? AIとビッグデータが進化し続け、マーケティング環境が変化し続ける中、それぞれが広告主により多くの機能を提供できるよう進化しています。 コンテクスチュアルと行動ターゲティングの両方を一緒に使うことで、より全体的なアプローチを作成し、買い物客の旅のさまざまなポイントでさまざまな方法で買い物客にアプローチすることができます。