カリフォルニア・ピザ・キッチン、全米の全店舗でヴィーガン・チキンを発売

今週、レストランチェーンのカリフォルニア・ピザ・キッチン(CPK)は、米国とカナダの155の直営店すべてのメニューに植物由来のチキンを追加しました。 この新しい植物由来のチキンは「Don’t Call Me Chicken」と呼ばれ、食品ブランドWorthington Foodsのフードサービス部門であるWorthington Food Service製で、新しいBBQ「Don’t Call Me Chicken」ピザのタンパク質として使用されています。 CPKの伝統的なBBQチキンピザを新しくしたもので、ビーガンクラストにセイタンベースのチキン、乳製品ベースのゴーダチーズ、オニオン、コリアンダー、バーベキューソースをトッピングしています。 CPKの広報担当者はVegNewsに、このピザは、乳製品ベースのチーズとバーベキューソース(非ヴィーガン用の砂糖が含まれている)を取り除くことでヴィーガンの注文が可能であることを確認した。

「フレキシタリアン、肉を減らしたい、または単に私たちの古典的なピザに新鮮なひねりを試してみたいというゲストのためのこの新しいオプションを導入することに興奮しています」と、CPKの料理イノベーションのエグゼクティブヘッドシェフ兼上級副社長のブライアン-サリバンは述べています。 「この新しいピザはそのままではビーガンではありませんが、植物由来のチキンはCPKの他のピザやサラダで注文することができます。 現在、CPK のピザ・クラストは、カリフラワー・クラストを除けば、すべてヴィーガンです。 ソースに関しては、ピザマリナーラとスパイシーマリナーラソースは両方ともヴィーガンである。 サラダドレッシングは、現在オイル&ビネガーのみ。

Love the plant-based lifestyle as much as we do?
Get the BEST vegan recipes, travel, celebrity interviews, product picks, and so much more inside every issue of VegNews Magazine. VegNews が世界一の植物ベースの雑誌である理由を、今すぐご購読ください!

Subscribe