アリストテレスの生涯と業績

アリストテレスは、前384年にマケドニア王の管轄下にある都市ステージラで誕生した。 父ニコマコスは、マケドニア王フィリップの父アミンタ2世の専属医師、友人、助言者であった。 両親はアリストテレスがまだ幼い頃に亡くなり、父の友人で親戚のプロクセノスに預けられた。 17歳になると、後見人は彼をアテネのプラトンのアカデミアに送り、そこで20年間を過ごした。 前343/342年、フィリップ2世によってマケドニアに呼び戻され、ナウサの町から数キロメートル離れた古代の町ミエザで13歳の息子アレクサンダー大王の教育を引き受けることになった。 前335/334年にアテネに戻ると、彼は自分の学校であるリセウムを設立した。この学校は、アリストテレスと彼の弟子たちが歩きながら会話をする習慣から「ペリパトス」と名付けられ、学校メンバーのことを「ペレパティック」と呼ぶようになった。 アテネでのこの13年間は、彼の最も創造的な時期であった。 紀元前323年、アレクサンドロス大王の死後、反マケドニア派から神々に対する不敬罪で訴えられ、母の故郷であるカルキスに逃れたが、そこで前322年に自然死している。 彼の遺体はステージラに移され、盛大に埋葬された。

アリストテレスの教義は、後期ギリシア古代、ビザンティウム、アラブ、西方中世の哲学の基礎として機能し、その対象は壮大な範囲に及んでいる。 論理学、修辞学、弁証法、形而上学、倫理学、物理学、数学、政治学、心理学、言語学、生物学、気象学、天文学、経済学、地質学、法学を学びました。

彼の写本は、彼の個人記録とともにローマ時代にトロアで発見されて、ローマに運ばれコピーされて、広く知られるようになりました。 東西のキリスト教会はアリストテレスの教義に大きな影響を受けて教義を確立し、8世紀にはユダヤ人だけでなくアラブ人もアリストテレスの教義をヨーロッパの人々に広めていった。 中世ではアリストテレスの研究が体系的に行われ、ルネッサンス期には西洋でアリストテレスが再発見された。 ルター派宗教改革の指導者であり、ルターの協力者であったドイツの神学者フィリップ・メランクソンは、アリストテレスの研究をドイツの大学に広め、イエズス会修道士はアリストテレスの方法論に基づいて形而上学に関する教義を確立した